ページ

2018年4月20日金曜日

満開のナラノヤエザクラ*

4/17、まだ雨が降る前のお昼時に
もうそろそろ見納めかなと、東大寺境内桜パトロール。
ナラノヤエザクラって、満開になったらたくさんの花が毬のようにまん丸く固まって可愛いですよね。
(でも若い木はそんな風にはならないみたい)
大仏池南の畔のナラノヤエザクラ↑↓
大仏殿を入れたり、新緑を背景にしたり。

指図堂の前にもナラノヤエザクラ。
開花が遅かったけれど、もう満開ですね!
指図堂から勧進所を見て、3種類の八重桜。
大仏殿西の回廊の外側のナラノヤエザクラも満開!
回廊を入れて撮ってみました。

戒壇院東エリアのナラノヤエザクラも満開!



ここまで、アップしたナラノヤエザクラは東大寺境内に古くからあった木で、近年に植樹された若い木とは違って、満開になった時には風格があります。
::
ついでに一つ、残念な報告も・・・
転害門西側・鼓阪小学校前の南側にあった古いナラノヤエザクラは今年ばっさり切られていました。どうして切られたのかはわかりませんが、とても風格のあったナラノヤエザクラでした。残念です。
::
さて、先週金曜日(4/13)に満開だった氷室神社のナラノヤエザクラ。
保山さんが撮影された時が一番美しい満開の日だったようで
4/17には、時折の強い風に桜吹雪を舞い散らしていました。
そろそろ桜便りも切り上げないと・・・と思いつつ、散り際の濃いピンク色のナラノヤエザクラにも会いたいし・・・で、もしタイミングが合えばもう一度桜便りをアップするかもです。

2018年4月19日木曜日

ナラノヤエザクラと「おかっぱ桜」

4/17の「おかっぱ桜」
まだ葉桜にはなっていませんでした!
そして「おかっぱ桜」の北側の2本のナラノヤエザクラ
遠目にもわかるくらい満開状態!
大好きな桜のツーショット。


木々の葉もまだ浅緑のままで清々しいこと!
花びらを食む鹿たち。
よく見ると生後まもないような赤ちゃん鹿がいてびっくり!冬生まれの鹿もいるらしいのですが、よくこの時期を乗り越えたなぁと思います。
::
さて、大好きな桜「ナラノヤエザクラ」と「おかっぱ桜」のツーショットを定点観測でお届けしましょう。

4/6 ↓ 花芽の膨らみを確認しました。
4/10 ↓ 一輪二輪開花しています。
4/12 ↓ 写真左端に綺麗に咲いている花を入れて。
4/17 ↓ ポンポンと手毬のように咲いています。

2018年4月18日水曜日

今年は藤の花も早い!

4/16 春日大社・萬葉植物園「藤の園」へ行ってきました。
「昭和藤」↑や、「白甲比丹」↓など
早咲きの藤はもう見頃。
でも全体的にはまだまだこれからですね。
「口紅」↑
「麝香藤」↑
 「黒龍」↑↓

「長崎一歳」↑↓


「九尺」↑
「本紅藤」↑↓

 「緋ちりめん」↑↓


「岡山一歳」↑
藤の花の蕾や、開き始めの様子なども今回見ることができ、藤の花の芳しい香りも嗅ぐことができました。
そして、満開の石楠花も!
 多分、一番美しい瞬間かもしれないと思われる石楠花の花。
とても綺麗で、そんな瞬間に出会うとちょっと嬉しくなりますね。
::
藤の花といえば・・・その芳しい香りで蝶や熊蜂が蜜を求めて飛んできますが、翌日(4/17)の奈良公園で綺麗な蝶が蜜を吸っているところに出会いました。

夢中で蜜を吸い、カメラを構えている私にも気が付かないのです。
今年の藤は例年より10日早い開花スタートだそうです。週末には気温が高くなりますので、あっという間に見頃になるかもしれませんね。
萬葉植物園の藤の見ごろはこちらで要チェックです。

2018年4月17日火曜日

春日大社へ

土曜日に、奈良博と興福寺南円堂前で見た藤がもう咲いていたので、春日大社さんの藤も気になって、週明けの月曜日に訪ねてみました。
まずは、御本殿参拝。山藤はまだこれからという感じでしょうか。
境内では多賀神社の藤が見事でした。

桂昌院奉納の灯籠、初めて気づきました。
御蓋山遥拝所に出る東回廊からの御蓋藤もこれからという様子。

そして「砂ずりの藤」もまだまだこれからですね。
この後は、御創建1250年を記念して「秘宝 鹿島立御鉾」が特別公開されている桂昌殿へ。
公開期間:4/14~4/25と5/26~6/10  10:00~16:00 
拝観料:別途200円
そしてお目当ての萬葉植物園「藤の園」へ向かいます。(続く)