ページ

2017年3月30日木曜日

3/30の東大寺境内*花便り

早咲きの桜から、一番最後に咲く奈良八重桜ナラノヤエザクラまで、今年も東大寺境内の桜を追っかけていこうと思います。
まずは境内の一番桜から・・・
奈良の一番桜といえば氷室神社のしだれ桜が有名ですが、実は東大寺境内にも、氷室神社のしだれ桜と同じくらい早く咲く桜があるのですよ。それは・・・
::
講堂跡の南側に2本、もう五分咲きの桜あり!
2本のうちの西側の桜↑↓は、葉が花と一緒に出ているので山桜系かな?と、観察にこられていた方がお話されていました。

こちらは2本のうちの東側の桜↑↓で、葉が出ていないので、もう一本の桜と同じ品種ではないようですね。
桜の品種や名前はむつかしくてよくわからないのですが・・・
どちらにしても「ソメイヨシノだけが桜ではないよ」「ソメイヨシノよりも先に咲く桜も遅くに咲く桜も奈良にはあるんだよ」と、今年も奈良公園の桜自慢をしてまいります。
::
東大寺境内にはしだれ桜も何か所かにあって、今日はそちらもチェックしてまいりました。
三月堂のすぐ前にも↑
上之坊の前にも↓

どちらも蕾ふくらみかけというところでしょうか。氷室神社のしだれ桜が三分咲きなので、こちらの方がちょっと遅いようですね。
::
もちろん、東大寺境内にもソメイヨシノはたくさんあるのです。
大湯屋の前から二月堂を望むところにも
ソメイヨシノも蕾ふくらみかけですね。
::
大湯屋のところといえば・・・桜ではないのですが
楓の新芽はこんなに綺麗な紅い色をしているのですね。
そして同じく大湯屋のところの銀杏の木にも
新芽がにょきにょき!
::
不動堂横の白木蓮も気になり見に行ってきました。
こちらの木蓮はまだ蕾が多かったのですが、大きな木の枝先には、いっぱいいっぱい花が開いていました。

もうあと少しでぜーんぶ満開になりそうですね。
そしてそして、その白木蓮のそばに見つけたこの花木は何?
早速、植物の名前に詳しいリピーターさんにメールで尋ねてみると「イヌガシ」ですとお返事をいただきました。(N様ありがとうございました)
遠目には実かな?と思っていたのですが、小さな花が密集しています。
まだまだ知らない植物もいっぱいあって、お花の咲いている時しか気がつかなかったりもするので、こんな発見がまた楽しいのでした。
::
「奈良の花便り」というラベルながら、桜の時期は奈良倶楽部も忙しく、往復1時間半ほどの東大寺境内の中の花便りが多くなります。
桜シーズン終了までどうぞお付き合いくださいませ。
(次回は4/3に散策予定です。)

2017年3月29日水曜日

二月堂*夕景

夕暮れでもなく夕陽でもなく
日の入り1時間ほど前に、二月堂から見た奈良の空
お参りに訪れる人も少なく静かな佇まいの二月堂
春の夕べともいうような時間帯・・・
夕映えに吊り灯籠の影がくっきり映って。
太陽をかざして、灯籠にはまるで明かりが灯っているみたい。

長い影を引きずって下りる登廊。
つい2週間前の喧騒が嘘みたいで、まだどこか浦島太郎気分に浸っている自分がおかしかったり。
大仏殿裏まで戻ってきて、小さな花を咲かせている桜の木を見つけました。やっぱり今年も一番に咲いてくれたね。
::
奈良倶楽部まで帰ってみると

前庭の白木蓮がほぼ満開でした。
::
山茱萸が満開の五劫院さん。
その掲示板にはこんなお知らせが!
3月30日8時15分より NHK「あさイチ」に五劫院登場!!
是非ご覧くださいね。

2017年3月28日火曜日

氷室神社のしだれ桜と「花咲寄進の集い」

奈良に春が訪れたことを教えてくれる氷室神社のしだれ桜。
そろそろ蕾も膨らみかけているかしらと気になって訪れてみました。
鳥居から見える白木蓮に誘われて、たくさんの外国人観光客の方達が写真を撮ったりされていましたが・・・
まだ蕾のしだれ桜の前には、記念撮影する人も少なくて
おかげで、人の気配を気にすることなくしだれ桜をパチリパチリ。
新調された狛犬さんの前掛けが春の到来をお迎えしているようにも…。
写真を写しながらよ~く見たら
膨らみかけの蕾の中に
一輪二輪と咲きかけの花を見つけました。
この時期の氷室神社のブログには開花状況が毎日アップされています。
この写真を撮った昨日27日は「一分咲き」、今日28日は「二分咲き」だそうです。(昨日よりも少しピンク色が濃くなってますね)


ところで、満開でない状態だからこそ枝ぶりがよくわかるのですが
随分と枝が切り落とされています。

これは近年樹勢の衰えが目立ち、調査を行ったところ、養分を吸う幹周りの細根が非常に少なくなり、また枝には癌腫と呼ばれる悪性の腫瘍があることが判明したために、2013年12月に患部の枝を切除するとともに若木の根を移植するなど、樹勢回復作業が行なわれたからなのです。
氷室神社では、樹医による治療などしだれ桜の維持管理と再生を目指して「花咲寄進」を受け付けておられます。

また5月14日には、18:00より氷室神社拝殿にて、映像作家の保山耕一さんによる「氷室神社しだれ桜 花咲寄進の集い」が開催されます。
この上映会には、寄進を集めるためだけではなく、しだれ桜の現状を多くの方に知っていただき、次の100年にも桜を受け継いでいってもらいたいという願いが込められています。
詳細などがわかりましたら、またブログでもお知らせさせていただきます。まずは日時のご案内まで、どうぞよろしくお願いいたします。
::
ブログ内過去記事より画像を探してみました。
 2011年3/29
2012年4/6
 2013年3/21…この年の12月に大手術を受けます。
2015年3/26
2016年3/23
今年も満開の時期に、もう一度訪れてみたいと思っています。

2017年3月27日月曜日

浮見堂*辛夷の花

3月27日 前日からの雨も止んで、いいお天気の朝。
「お天気になりましたねぇ」「でもまだまだ寒いですねぇ」「東京では小雪がちらついているのですって」・・・そんなお客様方のお話が聞こえてくる朝食のひととき。
桜の開花には早いけれど、春の陽射しに誘われて出かけてみました。
まずは、浮見堂へ。
辛夷が枝をいっぱい広げて、たくさんの花を咲かせていました。
片岡梅林の梅も綺麗に咲いていて、こちらの白木蓮も見事でした。
そして、この後は・・・・(続く)

2017年3月26日日曜日

4月のお出かけ情報②〜寺社伝統行事

春の奈良の寺社伝統行事のご案内です。
奈良へのお出かけの参考にどうぞ++

◇4/1~4/7 法華寺ひな会式」0742-33-2261
本尊十一面観音像の前に55体の善財童子像を祀って行なわれる
春の法要。天平時代から途絶えることなく続けられている。
(2009年の「ひな会式」のブログ内記事はこちら
法要開始の時間は、4/2と4/4は10時半〜/その他の日は14時〜です。

◇4/1 8:30~ 宝山寺大護摩会式」0743-73-2006

◇4/1 10:00~ 法起寺会式」0745-75-5559
法要中の小1時間のみ、開扉されていますので堂内拝観できます。

◇4/1 13:30~大和神社ちゃんちゃん祭」0743-66-0044
菜の花の咲く大和路を、神輿2基を担いだ総勢250名が
約2km離れたお旅所まで練り歩く。

◇4/1 12:00〜千光寺「戸開け式大法会」0745-45-0652
行者堂の開扉と山開き

◇4/2 13:00~源龍寺「流し雛」0747-22-4001(五條市役所)
千代紙で小さな人形を家族の女の数だけ作り
竹の皮にのせて吉野川に流す無病息災を願う。

◇4/2 14:00〜 甘樫坐神社「盟神深湯」0744-54-5600
允恭天皇の時代、湯の中に手を入れて火傷をするかしないかで証言の真偽をはかる古代の裁判「盟神深湯くがたち」を神事として行っています。

◇4/3  鴨都波神社春祭」0745-62-2176
14:20~「御田植神事」14:50~「稲荷祭」15:15「御供撒き」

◇4/3 10:00~ 橿原神宮神武天皇祭」0744-22-3271
神武天皇の崩御された日に併せ天皇の偉業を讃え奉る祭典。
13:00から「国栖奏奉納」があります。
※「春の神武祭」イベントは4/7~4/9に開催されます。

◇4/3 13:00~ 吉野水分神社「御田植祭」0746-32-3012

◇4/3・4/4 龍田大社「瀧祭・例大祭・放魚祭」0745-73-1138

◇4/4 11:00〜 龍田神社「四季祭」0745-75-3163

◇4/5 10:00~ 水谷神社「鎮花式」0742-22-7788
春日大社の摂社 水谷神社の例祭。
鎌倉時代から始められたと伝えられている。
13:00より大蔵流の狂言が奉納されます。

◇4/6〜4/9 璉城寺「念仏会」 0742-22-4887

◇4/8  「仏生会」お釈迦さまの生誕を祝う法要。
県内各寺院 東大寺興福寺法隆寺などリンク先をご覧下さい。


◇4/8 13:30〜 白毫寺「一切経法要」0742-26-3392
鎌倉時代に中国より伝わった一切経を転読した故事に始まり、現在は法要が営まれる。春の訪れを告げる行事として伝承歌にもうたわれた。
「寒さの果ても彼岸まで、まだあるわいな一切経」

◇4/8  新薬師寺「修二会」0742-22-3736
17:00~初夜法要
19:00~お松明・後夜法要
1000年の伝統を持つ行事。
本尊薬師如来に滅罪、厄除けを祈願。

◇4/8 14:00~ 達磨寺「達磨会式」0745-31-2341

◇4/8・4/9 9:00~15:00 西大寺「大茶盛式」0742-45-4700

◇4/8~4/10 大神神社「春の大神祭」0744-42-6633
2000年来の伝統を誇る「卯の日の神事」と呼ばれる祭典。

◇4/9 10:00~16:00 信貴山千手院銭亀祭り」0745-72-4481

◇4/10・4/11・4/12 金峯山寺蔵王堂「花供千本搗女人採灯大護摩供」
4/10   13:00~「花供千本搗き」14:00~「女人採灯大護摩供」
4/11~4/12 10:00~「大名行列」「花供会式」13:00~「御供撒き」
1000年の歴史を持つ伝統的法要。0746-32-8371

◇4/13 9:00〜 弘仁寺「虚空蔵(十三参り)」0742-62-9303
14:00より本堂前で護摩焚きが行われる。

◇4/14 11:00〜 天河大辨財天社「春季大祭」0747-63-0558

◇4/15 11:00~ 石上神宮 「春季大祭」0743-62-0900

◇4/16 13:00〜 薬師寺「最勝会」0742-33-6001
平成15年、大講堂落慶とともに復興された法要で日本三大会の一つ。
講師・読師の論議が繰り広げられる。
復元された衣裳や勅使役を迎えての大行列も見どころ。

◇4/16 15:00〜 矢田寺「お練り供養」0743-53-1445

◇4/16 多神社「れんぞ」0744-33-2155
11:00~神事 13:00〜芸能奉納 15:30〜餅まき

◇4/17 13:00〜 興福寺「放生会」0742-22-7755

◇4/18 10:00~ 正暦寺薬師会式」0742-62-9569
13:00~柴燈大護摩供養 13:30~火渡り

◇4/18 15:00〜 海龍王寺四海安穏法要」0742-33-5765

◇4/18 10:30~ 大神神社鎮花祭はなしずめまつり
本社と摂社狭井神社の両社で行われます。
「大宝令」(701)に国家の大祭として毎年必ず行うように定められ
国民の無病息災を祈願したことが記されています。
別名「くすりまつり」とも言われています。
 0744-42-6633

◇4/18 柿本神社「チンポンカンポン祭り」0745-48-2811

◇4/18 壺阪寺「観音ご縁日」0744-52-2016

◇4/18 13:00~14:00 金峯山寺「観音堂大祭」0746-32-8371

◇4/19 11:00~ 林神社「饅頭祭」0742-22-0612
日本で初めて饅頭を作ったという林浄因の命日に、
漢国神社境内の林りん神社で行われる法要。
全国の饅頭製造業者からの銘菓が供えられ
午後からはお抹茶のふるまいもあり。

◇4/21 14:00〜 長岳寺「釜の口れんぞ」0743-66-1051
犬鳴山妙泉講の修験者により大柴灯護摩が営われ
行者問答、法弓作法、法斧作法などが本式に行われます。
雄渾な噴煙と炎が境内の上空に立ち上る様は圧巻です。

◇4/21 大安寺「弘法大師正御影供」0742-61-6312
13:00~法要 14:00~護摩

◇4/21 10:00~ 室生寺正御影供」0745-93-2003

◇4/24 14:00〜 帯解寺「小野小町忌法要」0742-61-3861

◇4/25 13:30〜 般若寺「文殊会」0742-22-6287

◇4/25 15:00~ 興福寺東金堂「文殊会」0742-22-7755

◇4/28 10:00~11:00 円成寺「 不動尊護摩供養」0742-93-0353

◇4/29 11:00~12:00 談山神社「春の蹴鞠祭」0744-49-0001 

◇4/29 9:00~16:00 松尾寺 0743-53-5023
9:00~16:00「松尾山お花まつり」
13:00~14:00「舎人親王の誕生を祝うまつり

◇4/29 13:00~ 當麻寺護念院「菩薩講練り初め」0745-48-2004