ページ

2018年5月20日日曜日

若草山に登る*

お天気も良くて5月らしい爽やかな日曜日。
こんなに気持ちのいいハイキング日和にどこへも出かけないなんて!と、朝のお掃除の後、奈良倶楽部から徒歩20分の若草山登山口へ。
入山料大人150円で北口ゲートから中に入って登っていきます。
中に入ってすぐのところに同じ高さで、御蓋山を確認して、早速テンション上げております。それにしても、急に思い立って半時間後にはこんな風景を見られるなんて!
普段から足腰を鍛えていないので、実は結構きついのですが、素晴らしい景色を目の前に頑張って歩き登っていきます。
一重目の休憩処の「氷」の文字に気を引かれながらも、ここで休まず一気に山頂めざします。
一重目から遥か遠くに吉野の山々も見え(手前の濃い緑の山が御蓋山)
大仏殿も見え、遠く生駒山までの奈良盆地も見下ろして
次は二重目を目指します。
二重目から三重目(山頂)までは、急な階段はなく、緩やかな山の斜面を歩いて行くので、足取りも軽く本当に気持ちよく歩けます。
途中で御蓋山を見たり↑、下を振り返って↓奈良盆地を眼下に見たり。

段々と登って行くにつれて、御蓋山↑と奈良盆地↓もこんな感じに。

三重目が見えてきました!
この辺りでは御蓋山を下に見ることになります。
ご存知のように「御蓋山LOVE」な私は、こんなに間近にお山を感じて歩けて、それだけでちょっとHappy気分をいただいております。
三重目の山頂に40分ほどかかって到着。
今日は日曜日のせいか、とても大勢の人達で賑わっておりました。
その後、帰りは春日奥山遊歩道を下っていきます。
青葉若葉の中を歩ける幸せ。
梅雨入りまでに、この木漏れ日の中をもう一度歩きたいですね。

2018年5月19日土曜日

「當麻寺西塔」「今井町称念寺」修理現場見学会

「當麻寺にある法師」さんのツイートより
国宝・當麻寺西塔 修理現場見学会 5月26日/27日
http://www.pref.nara.jp/secure/195933/koukaiyouryou.pdf …
申し込み締め切りは過ぎていますが、各回、定員まで少しずつ空きがあるようですので、ご興味のある方は奈良県文化財保存事務所 當麻寺出張所へお問い合わせください。
TEL:0745-48-2722  FAX:0745-48-2722
一昨日にツイートされたものなので、ひょっとしたらもう定員になっているかもしれませんが、ご興味ある方はお問合せになってください。
県の発表資料によると、同日(5/26・5/27)には、今井町の称念寺本堂の見学会も催されるようです。
称念寺本堂見学の方は、各日10:00~12:00と13:00~15:30の時間帯に、事前申込み不要で見学できます。
当麻寺西塔見学の方は、各日9:30~/11:00~/13:30~ 各回20名、事前申込みとなっています。
画像は2010年に当麻寺東西両塔を見学させていただいた時に撮影したもの。その時のブログ記事はこちらです。

2018年5月18日金曜日

ことばの力*

久しぶりに「二月堂の黒板」をアップします。
今日のお散歩で新しい言葉が書かれていました。
 「できたことを振返りなさい」
そうですよねー。できなかったことを思うより、できたことを思い返して、自分を褒めてあげて、前向きな気持ちになって・・・。大事なことですよね。
つい2日前のお散歩では「喜んでもらう喜び」
あぁ、これも素敵です。
::
院主さまが替わってからは、前ほど「二月堂黒板」に執着しなくなって、ブログにも殆どアップしなくなりましたが、お散歩の度に、書いてある言葉を胸に刻んではいたのです。
久しぶりのアップとなりましたが、言葉の持つ力ってすごいなぁと思いましたので、少しお裾分けです。
::
お散歩道中でカメラに収めたモノたち。
以前にインスタで「ノイバラ」か「ノイチゴ」か「ニガイチゴ」かと、お花の名前がもう一つハッキリしなかった、正倉院の小径の植物には、こんな実がなっていました。(野の花先生~、出番ですよー)
二月堂裏参道では桑の実が赤く色づき始め、ヤマボウシが満開。
昨日今日は、梅雨の走りのような蒸し暑くて鬱陶しいお天気でしたが、それもひとつの季節の巡りと、楽しみながらいきたいものです。

2018年5月16日水曜日

「円成寺・南明寺プレミアムツアー」ご案内

6/30に開催予定の、このようなツアーを見つけました。
「奈良の隠れ里を訪ねる 円成寺・南明寺プレミアムツアー」
奈良の隠れ里にたたずむ二つの名刹「円成寺」と「南明寺」で、あなただけに特別な時間をご提供します。
新緑の「円成寺」では、拝観時間終了後の拝観で、極楽浄土の光景を表した庭園の夕暮れを贅沢に味わっていただきます。
また、通常でも早期予約拝観しか受け付けていない「南明寺」では、夜間貸切特別拝観として、ろうそくの灯だけで仏様を拝観させていただき、僧侶による講話と献灯もご体験いただきます。
このツアーに参加された方しか味わうことができない贅沢な時間を是非お楽しみください。
先日訪れたばかりの円成寺(写真はブログ内より)↑と、以前に訪れたことがある南明寺(写真は観光協会サイトより拝借)↓
「奈良の隠れ里を訪ねる 円成寺・南明寺プレミアムツアー」
開催日時:6月30日(土)16:30~21:00
行程:奈良市観光センター集合(16:30)→円成寺にて特別拝観(17:00~17:50)→お食事処「里」にて夕食(18:00~19:00)→南明寺にて夜間拝観(19:30~20:30)→JR奈良駅解散(21:00)
所要時間:約4時間半
最少催行人数 :15名(募集定員25名)
予約締切:6月18日(月)
料金:7900円(夕食・拝観料含む)
予約・問合せ:奈良市観光協会
TEL:0742-27-8866(平日9:00~17:00)
FAX:0742-27-2299
::
ところで今回「奈良市観光協会」のサイトを見る機会を得て
色々なツアーをされていることを(今更ですが)知りました。
今回ご案内の「円成寺・南明寺プレミアムツアー」もそうですが、その他に「夜の散歩シリーズ」や「早朝参拝」など、宿泊に繋がるようなツアーも多く企画されているのですね。
::
また、夏の風物詩「燈花会」期間中(8/5~8/14)には、新薬師寺さんで夜間拝観もできるのですね。詳しくはこちら
これは、ちょっと行ってみたいなと思います。

2018年5月15日火曜日

「#鹿活」テレビ放映とアプリ開設*

先日、地元の奈良テレビ放送で放映された「#鹿活」。
奈良県外では視聴できませんでしたが「#鹿活」とは何かとか「#鹿活」の楽しさや魅力について余すところなく紹介されておりました。
そして、お目汚しながら私もしっかりと登場しておりました。
本日、ディレクターさんより番組のDVDが届きました。
(奈良倶楽部のラウンジでご希望の方にご覧頂くこともできます)
 テレビから撮った写真ですが、ブログでも少しご紹介しますね。
巷で「流行の兆し!?」と噂もある「#鹿活」を調査するべく、番組レポーターさんが早朝の奈良公園へ。
「#鹿活」仕掛人でもある、ハンドルネーム「Lovenaradeer」さんを見つけて、一緒に「#鹿活」をしながら、その魅力について、実際に撮影した写真とともにご紹介。
「Lovenaradeer」さんこと、ヒライソウスケさん曰く。
「#鹿活」は朝に撮るのがポイント!なぜなら朝は光の位置が低く、陰影が出やすいのでドラマティックな写真が撮れるのです。
特に今の時期は、御蓋山から陽がのぼるので、神々しくも奈良らしい写真が撮れるそう。
::
さて「#鹿活」を何度かブログでもご紹介したことで、奈良倶楽部のお客様も、朝のお散歩の時に「鹿活に行ってきま〜す」とお出かけされるようになり。
そんなことをお話した場面がばっちりアップで写っております。
ホテルサンルート奈良の中野さんもご出演。「早朝参拝プラン」という宿泊プランで「#鹿活」を応援されています。
ヒライさんもおっしゃってますが、奈良は朝に楽しめることが多いので、遠方の方にも泊まっていただいて、早朝の「#鹿活」を楽しんでいただければと思います。
番組では、奈良倶楽部から徒歩5分の講堂跡も出てきました。
講堂跡の鹿の集団は、よく観察すると、一頭一頭 個性があってそれぞれ違うということがわかるし、その違いがわかってくると、また来ようという楽しみができ、それが「#鹿活」の醍醐味だと。
そもそも「#鹿活」とは?
①朝の奈良公園で鹿の写真を撮る
②インターネット、SNSで広く発信する
と定義付けされるのですが、季節感を感じたり観察力も身に付いたり、何より発信している本人が一番楽しかったり。
ヒライさんの華麗な経歴や仕事内容もちらりとご紹介され
番組では「奈良・鹿活のすすめ」というアプリも紹介されました。
こちらは、朝の奈良公園を200%楽しめるオーディオアプリで、制作はON THE TRIPさん、写真は世界を舞台に名だたる俳優やアーティストを撮ってこられたフォトグラファーの本間寛さん、もちろんヒライソウスケさんも全面協力されています。
当面はスマートフォンのiPhoneアプリのみとなりますが、アプリはこちらからダウンロードできます。
奈良公園の四季折々の様子に、朝早くの鹿活。このアプリを活用しながら、贅沢な時間を過ごしていただければと思います。

2018年5月12日土曜日

当尾の里 浄瑠璃寺へ*

5/20まで「吉祥天女像」特別開扉の浄瑠璃寺へ行ってきました。
こちらのお寺も奈良倶楽部から車で十数分という近さながら
人里離れた山の中にあるので、ひっそりと静かな佇まい。
国宝の本堂には現存唯一の平安後期の九体阿弥陀仏(国宝)がお祀りされていて、その阿弥陀様たちの前には、艶麗な吉祥天女さま。
天女像が安置されている厨子の扉絵も美しく一見の価値があります。
特別開扉が5/20までなので吉祥天女像をお目当てに訪れたのでしたが
偶然にも、この後でお蕎麦をいただいた「吉祥庵」さんで、九体揃って拝観できるのは7月初めまでとお聞きしました。
今夏から順次、修理に入り、これから5年間はそろって拝むことができなくなるのだそうです。
新聞記事によりますと
修理は奈良国立博物館の文化財保存修理所でされ、「剝落止め」と呼ばれる処置が施される。寺は7月初めにまず2体を奈良博に送りたい考え。1年ほど後に2体が寺に戻ってきたら、入れ替わりで毎年1、2体を修理に出す計画だ。本格的な修理は約100年ぶりになるという。」ことです。
もちろん、修理期間中も通常通り本堂を拝観できますが
九体揃っての拝観は後少しとなりますので、よろしければ是非お出かけになってみてください。


::
お昼時に浄瑠璃寺にお参りの、後の楽しみはというと

浄瑠璃寺近くの「吉祥庵」さんでお蕎麦をいただくことなのです。
薫風を感じながら、久しぶりの美味しさに舌鼓を打っておりました。
::
「浄瑠璃寺」のサイトをみますと、阿弥陀さまの修理が夏または秋以降になりそうだと、下段の浄瑠璃寺ニュースのところに記されておりました。もうしばらく大丈夫そうでしょうか・・・。