ページ

2017年4月25日火曜日

奈良国立博物館「快慶」展

6月4日まで奈良国立博物館で開催中の特別展「快慶」
今日4月25日からはいよいよ醍醐寺の「弥勒菩薩坐像」もお出ましになりますので、これから奈良へ旅されるなら、是非「快慶」展へ行って観ていただきたいお奨めの展覧会です。
桜満開の頃に観に行って、とても感動したことを思い出しながら、ブログでも感想を書いてみたいと思います。
鎌倉時代を代表する仏師といえば、運慶と快慶。
二人が造った東大寺南大門の金剛力士像をいつも間近に見ていることもあって、「運慶快慶=仁王さん」と「天才仏師」のイメージが強過ぎるのでしたが
快慶作と判明している全仏像の8割が一堂に介する今回の展覧会。
たっぷりと快慶仏の魅力に触れることができ、「人間快慶」にスポットを当てたところから、御仏への厚い信仰心やストイックなまでの制作態度に触れ、快慶仏をまた違った視点で鑑賞できるようになりました。
個人的な好みもありますが、展覧会全体を観て「快慶仏は何て美しく格調高いのだろう」と思いました。
快慶初期の「弥勒菩薩立像」↑にして、もう完成された美しさ!
パンフ↓のメインビジュアルでもある「釈迦如来立像」↑にもうっとり。
どちらもボストンやキンベルなどアメリカの美術館所蔵というのが悔しいのでしたが、今回の機会で観ることができたのは有り難いこと。

東大寺俊乗堂にいらっしゃる「阿弥陀如来立像」↑は端正なお顔立ち。でも、博物館とお堂ではまた違ってみえるから不思議です。
同じく東大寺の「地蔵菩薩立像」↑
キャプションには「秀麗な顔立ちと整理のゆきとどいた衣紋は形式美の極地というにふさわしく、入念な彩色も含め快慶様式の完成を示す」とあり、ただただ美しいと感じました。(台座も背中も!)
そしてこちらも東大寺で何度も拝観している「僧形八幡神坐像」
(僧形八幡神坐像については→東大寺HP
生気溢れる相貌、生き生きと写実性に富みながらも神々しいばかりに超越した神像。袈裟に描かれた文様や彩色などがはっきりと美しく、博物館で拝する醍醐味も味わいながら鑑賞しました。
快慶仏の格調高く気品のある様子は、忿怒相ながら気品ある顔立の不動明王像にも表れているのですね。
::
展覧会の構成にも工夫が色々あって、7章に分けられたテーマと内容がわかりやすかったのも観ていて楽しく勉強になりました。
最後の章「安阿弥様の追求」では、三尺阿弥陀像をまとめて展示されていて、これは本当に素晴らしかったです。
また、第6章「霊像の再生ー長谷寺本尊再興ー」のキャプションで紹介されている、長谷寺再興縁起に快慶のことを『その身浄行なり、もっとも清撰にたるか』と書かれていること。これは『仏師持戒を守るなど造仏作法にのっとって如法に造立したことを示している』こと で、快慶仏をずっと鑑賞してきて、そこに書かれていることの意味がわかるような気がしました。
『斎戒を持して如法に仏像をつくることを意識しつづけた、信仰者としての快慶』(図録のトップページに掲載の、奈良博主任研究員・山口隆介氏の文章より)・・・それだからこそ、快慶のつくる御仏はかくも格調高く美しいのかと腑に落ちたのでした。
::
4/25から出陳の「弥勒菩薩坐像」↑や、5/16から出陳の「地蔵菩薩立像」↓も楽しみで、会期後半にもまた伺う予定です。
::
図録には、出展されていない快慶仏や、銘文の集成、截金文様のアップ、X線画像なども掲載されていて見どころ満載です。
 (截金文様好きにはタマラナイ!)
::
特別展「快慶」日本人を魅了した仏のかたち
会場:奈良国立博物館
会期:6/4まで
休館日:毎週月曜日(ただし5/1は開館)
開館時間:9:30~17:00(毎週金土曜日は19時まで)
詳細はこちら:奈良博のページ/読売テレビのページ 

2017年4月24日月曜日

ナラノヤエザクラが開花*

桜の花のしんがりをつとめる「奈良八重桜ナラノヤエザクラ
4/23のお昼過ぎに一輪二輪と開花しているのを見つけました!
戒壇院と大仏殿の間の南向きの斜面のところ。
ここには十数本のナラノヤエザクラがあり、南向きということもあって、奈良公園中のどの木よりも早く開花するのです。
と言っても、全部の木が開花しているのではなく。
また一本の木のすべての花が一斉に開花しているのでもなく。
何気なく見ていたら、蕾が濃い紅色になっていて、もうすぐ膨らみそう・・・と思って、もう少しよ~く見たら、あ!今にも開花しそうな一輪を発見!
写真を撮りながら少し離れて見てみると
ところどころに開花した花を発見!

::
他の場所のナラノヤエザクラも見て回りたかったのですが、今日は時間に余裕がなくてここで引き返しました。
帰りの道中、鼓阪小学校前↑と正倉院西側の塀沿い↓のところのナラノヤエザクラも開花しているのを見かけました。
来週にまた時間を見つけてあちこち回ってみたいと思います。
取り急ぎの報告でした。

2017年4月23日日曜日

仁和寺の御室桜*

原谷苑で見た御室桜がとても美しい状態だったので、帰りに仁和寺に寄ることにしました。
仁和寺には来たことがなく、初めての拝観になります。ドキドキ。
御室桜が見ごろの時期は伽藍特別入山券が必要で、訪れた4/20は有料入山の最終日でした。(伽藍へは普段は無料で入山できます)
伽藍への参道沿いにも色々な桜が咲いていて、入山するまでにすでにテンションが高くなっています。
「有明」桜↑と「大沢桜」↓

「御衣黄」桜↑と「関山」桜↓
向こうに見える中門をくぐると、入ってすぐの左手に
遅咲きで低木の「御室桜」の林があります。
桜の林の中をぐるっと一周、鑑賞しながらまわります。
「落花さかん」という様子でしたが、まだ頑張っている花もあり
桜色の絨毯もまた美しく
五重塔が桜の海の向こうに見えたり
新緑に包まれたり。
経蔵↑↓や

金堂↑↓

鐘楼↑↓や

御影堂↑↓など、花々と共にゆっくり拝観させていただきました。
仁和寺境内の詳しい情報はこちらから
そのページの中の建物印をクリックすると説明が出てきます。
::
宸殿、白書院、庭園などの旧御室御所御殿も見学しました。


久しぶりの京都のお寺。
書院を見学したり、庭園を眺めたり・・・
ふっと思ったのですが、奈良のお寺ではご本尊様にお参りする、祈るという気持ちが強いのですが、京都のお寺では、靴を脱いで上がってしばしゆっくり気持ちを緩めさせていただくという感じでしょうか。
庭園を眺めながら縁側でぼーっと。
これも中々いいものですね。
さて、この後はどうしようかな~。
もう一か所、拝観するには時間が差し迫っているしで、仁和寺を出たところにちょうど四条河原町行きのバスが来て、とりあえずはそれに飛び乗ったのでした。
で、バスの中で、はたと気が付いたのです。妙心寺の退蔵院
帰宅してからHPを覗いてみたら、春の特別公開がこの日までだったのでした!(こういうの、ちょっと惜しいですよね)
もしこのブログをご覧になって「原谷苑」「仁和寺」と見学されたら、この時期にだけ「春の特別公開」をされている退蔵院にも是非お立ち寄りくださいね。

2017年4月22日土曜日

京都の桜の名所「原谷苑」へ*

京都の桜の楽園「原谷苑」へ行ってきました。

苑内のいたるところに紅しだれ桜。
満開を少し過ぎていたのですが、まだ綺麗を保っているような状態。
満開keepの紅しだれ。背丈も天を突くほどに高く、垂れた枝が目の前にぶら下がっている様子もいい感じで。

一眼レフで撮ったの↑と、スマホで撮ったの↓と。

人物を入れてみると桜の大きさがわかっていただけるかも。
カメラに入りきらないのでパノラマでも撮ってみたり。



苑内の桜はしだれ桜が圧倒的に多いのですが、その他に珍しい桜や八重桜の品種もあり、一本一本の桜を楽しむことができました。
「松月」桜↑↓

「菊桜」↑
「楊貴妃」桜↑
「黄桜」↑
その他に木瓜やツツジや山吹、雪柳、石楠花、利休梅などが百花繚乱!
白い「木瓜」の花
めずらしい三色の「木瓜」の花。

 「春いちばん」↑↓
石楠花とツツジの交配種らしく、小さくって可愛いお花です。

「ミツマタ」↑
「花海棠」と「山吹」↑
「利休梅」↑↓

「源平しだれ桃」↑
「雪柳」↑
「ミツバツツジ」↑
などなどの春の草木や花々も楽しんで・・・
苑内にはお食事処もあるとネットで見ていたので、予約はせずに行きあたりばったりで、ちょっと虫養いタイム。
ちょうど最後のひとつで、お安くなっていた幕の内弁当をいただきました。・・・そして、これが思った以上にすごく美味しくて、床几席でいただきながらちょうどいいお花見になりました。
こちらの屋内のスペースでもいただけるようです。
::
もう一度、最初のところに戻って、ちょうど見ごろの「御室桜」↓
 「御室桜」と言えば、仁和寺さん!
原谷苑の御室桜がまだこんなに綺麗だったら、仁和寺の桜もまだ見ごろかなぁと、この後は仁和寺へと向かいました。
(写真はすべて4/20に撮影したものです。)
::
原谷苑へのアクセスはサイトのこちらに詳しいのですが、京都の友人に尋ねてみると、地下鉄北大路駅からのタクシーが一番便利ということで、今回は奈良から近鉄~京都市営地下鉄で北大路駅まで。そこからタクシーで1700円くらいでした。
帰りもタクシーで仁和寺まで750円。
走行距離を考えたら、奈良と比べて京都のタクシーのあまりの安さに驚くやら嬉しいやらでびっくりしました。
ちなみに仁和寺からの帰りは四条河原町行きのバスに乗って、一律230円。これもこの走行距離で同一料金にびっくりでした。
奈良の観光を考える上で、他の観光地と比べて改善すべきところなどを上げるとしたら、交通費の高さを何とかすることも考えるべきではと、個人的な感想ですが、思った次第です。
仁和寺での桜鑑賞は次のブログで+++